未分類

預貯金で利率を気にするのと同じように、ローンを組んだり、キャッシングを利用する時も金利をしっかりチェックすることが大事です。
リボ払いはカードローンや分割払いに採用されている返済方法ですが、金利は高く、負担が重いものです。
しかし、ここで錯覚が置きます。
最小返済額で、定額を返していけば良いので負担が見えにくいのです。
リボ払いで分割にした方が月単位の負担は少なくないのですが、総額でみると高い金利分がのしかかってきます。
そこが便利な点ではあるのですが、負担が少ない点でつい買い増ししてしまうのが借金を増やす元になるのです。
そうした負債を洗い出す点では先ず金利に着目します。
分割払いは回数が増えるごとに金利も高くなり、支払い総額が大きくなるにつれ、利息負担は大きくなります。
同じ分けて払うのであれば、無金利の一括払いを利用するのも一つの方法です。
1・2月に購入しても、夏のボーナス払いを利用できることがあります。
その支払いまでの間に分割払いしていると思い、返済金額を回すとムリもありません。
キャッシングの利用でも、少しでも余裕が出れば返済に回していきます。
借り入れ総額が減れば、利息負担も減り、早期に完済することができます。
債務の中でも、どの分が金利負担が重くなっているのか、明細書を確認して中身を確認することが肝要です。

クレジットカードは日頃それを携帯しているだけで、現金がなくても手軽に高額商品やサービスの支払を可能にしてくれる万能のアイテムです。しかしながらこれには魔物も潜んでいて、お金がないのに支払ができるという状態は自分の置かれた経済状態の感覚を大きく狂わせ、ついつい身の丈に合わない出費を重ねてしまうことになりかねません。特にカード文化が根付いたアメリカなどでは、消費感覚が麻痺して崖っぷちに追い込まれたり、生活が破綻してしまう例も数多くあるようです。

日本でも注意は必要です。特に手数料のかからない一括払いに比べて、リボ払いなどを選択するとその分利息がかかってしまいますので、その分、現金支払よりも高額で購入してしまったことになります。こうなるとせっかくこれまで貯金してきた分が一度に霧消してしまいます。特にネットショッピングなどでは高価な商品が手頃な値段で購入できたるので、お得だと感じて飛びついてしまう例が多いもの。しかし蓋を開けてみると、結局、「お得」の総額が膨大な出費につながってしまい、引き落とされた後に金額を見てビックリしてしまうケースも少なくないのです。

カードを使う際にはそれが一種の借金であることを自覚する必要があるでしょう。そして利便性に甘んじて、自分の経済感覚や経済状態への認識を狂わせないように心がけなければなりません。

お金を貯めたいと思った場合、まず思い浮かぶのは貯金でしょう。
積立などをして、毎月コツコツ貯めていく、もしくはまとまった額になったら定期にするなど、とても堅実的な方法です。
そして、しておく癖をつけておいて損はありません。
更には、毎月の生活費が余ったら、そうした貯める方に回すのも良いでしょう。
ですが、毎月の一定額の貯蓄以外にお金の余裕が出てきたら、しておくのが良い事が自己投資です。
貯める方にばかり夢中になると、貯めるという事が目標になってしまい、自分自身の成長のチャンスを逃す事になります。
お金というのは貯める事も大切ですが、これから先増やしていく事を考える事がお勧めです。
その為には、貯めた分以外の余剰金を投資に回す、もしくは、自分の収入を少しでも増やす事ができるように資格取得などの勉強に費やすのがお勧めです。
積立などを長続きさせる為には、まずは自分の収入をしっかり確保できる状態にしておく事が大切です。
現在は明日どうなるか分からない世の中です。
ですから、収入を増やす為にも、自分自身を守る為にも、ただお金を積み立てるだけでなく、今後の事をしっかりと考えておく事も大切です。
余裕が出てきたら色々チャレンジしておくと良いでしょう。

貯蓄をしたいけど中々溜まらないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
そして、支出を見直す上で真っ先に上がるのが嗜好品代ですが、人によってはこれを楽しみに毎日過ごしているから、
減らすわけには行かないと考えている人もいるでしょう。しかし、この部分のお金が一番節約しやすいのも事実です。
では、これらを節約した場合どれほどの金額が変わってくるかを考えて見ましょう。

まずは最近増税による値上がりが著しいたばこです。一日一箱400円の物を吸うとして、一ヶ月に12000円、
一年にして144000円かかる計算になっていきます。止めたいと思ってもなかなか止められないものだけに、
せめて吸う本数を半分にするだけでも年間で72000円変わってきます。

次にお酒です。350ml缶を一日二本ぐらい飲む人は多いでしょう、一本200円としても月に6000円、
年間にすると72000円です。これもせめて1本にするあるいは休肝日を作ることで年間の支出を36000円も減らすことが出来ます。

最後にコーヒーです。この場合お金のかけ方が変わってきますので一概に言えませんが、
豆にこだわってお金がかかっている人は、朝の一杯だけを良い豆にしてあとはインスタントの物に変える、
また、缶コーヒーを一日に2-3本も飲むような人は本数を減らすことで大分節約ができるのではないでしょうか。

嗜好品をやめるのは難しいことですが、減らすことはそこまで苦しいことではありません。
無理の無い範囲で支出を減らしていくことが大事なのです。

生命保険は「もしも」の時の安心のために不可欠なものですが、高額すぎて日々の生活を圧迫するようでは逆効果です。
補償内容を見直して、生命保険料を節約しましょう。
1)生命保険は医療費をまかなうもの?
これは一見正しいようで、必ずしも正しいとは限りません。
健康保険の高額療養費制度があるため、保険診療だけなら医療費は一定額以上にはならないのです。
先進医療に備えるべく生命保険に特約をつけておくのは意味がありますが、基本的には生命保険は「生活費を補うもの」と考えるのがお勧めです。
1ヶ月あたりの生活費を30で割って、その金額を「入院1日○○円」の補償と考えてみてください。
入院1日が2万円以上の契約になっている人は、それなりの富裕層でない限り見直した方が良いでしょう。
2)がん特約は本当に必要?
がん家系の方には必要でしょうけど、そうでない場合は、通常の保険内容で十分かもしれません。
むしろ、浮いたお金で、がん検診を受けることをお勧めします。
がん特約は、初期がんは給付対象外となっているものも多いです。だからと言って「給付金が欲しいから進行するまで待つ」という人は居ないと思います。
それならいっそ、がん特約をはずして、その分早期発見につとめるという考え方もありだと言えるでしょう。

家計の支出を考えるとき、まず頭に出てくるのが食費という人も少なくないのではないでしょうか。 これは、誰でもどんな家庭でも必ず発生してくるものです。 そして、住宅ローンや管理費などと比べ裁量次第で節約が可能な項目といえます。 そもそも、これをおさえるために不可欠な要件は自炊することです。 家族の構成人数により左右されますが、外食は材料費や人件費、店舗の設備、企業の売上などがすべて含まれて採算があるように値段設定されています。 言い換えれば「高い」わけです。 しかし、自炊をすれば材料費や光熱費以外はかかりません。 自分の家で手間を惜しまず料理をすることで、毎月の費用は格段におさえられます。 また、たまには外食で贅沢な食事をしたくなることもあると思います。 ですがその食事内容によっては自分の家でも用意可能なものもたくさんあります。 たとえば女子会で4人でチョコフォンデュをしようという流れになると、外食だと1000円は最低かかります。 しかし、自宅にその道具さえあれば、全員で1000円で済むことすらあります。 一流シェフの腕が必要という贅沢さは自宅では再現不可能ですが、こうした自宅でもちょっとした手間をかけることで作れるような食事であれば、ぜひ節約のためにも親睦を深めるためにもご自宅で作ってみてはいかがでしょうか。

交際費というのは意外と無駄な出費をしていることがあります。会社の同僚や友人達と飲み会をすることは多いものですが、飲みに行った帰りに普段はバスや徒歩で帰宅しているところをタクシーを利用するということはあると思います。タクシー代というのは同じ距離を移動するにしても、バスや電車に比べてかなり金額が高いものです。どうしてもタクシーを利用しなければ帰宅できないという場合は仕方がありませんが、まだバスや電車を利用できる時間帯なら、タクシーの利用を控えることで支出を抑えることが出来ます。飲みに行くときに帰宅のことを最初から考えておくことで、タクシーを利用する機会を減らすことが出来ます。バスや電車の時間を調べておき、その時間帯までには帰宅をするように考えておけば、大きな出費をせずに済みます。また、タクシーを利用する場合は同じ方向に帰宅する人と一緒に乗り込むなど、少し工夫をするだけでもかなり出費は低くなります。年間を通して飲みに行く度にタクシーで帰宅していると、それはかなり大きな出費になってくるので、逆にそれを全てバスや電車に変更すれば、大きなお金を浮かすことができます。一度、飲み会の帰宅方法を考えて見ると良いです。

毎月の固定支出として携帯電話代がありますが、少しでも毎月の出費を抑えるなら、この出費について少し内容を考え直して見ると良いです。今ではほとんどの人が携帯電話を持っていて、毎月出費が自然と出ている状態です。最初に携帯電話のプランを決めて契約をして、その内容において毎月お金を支払い続けることになります。こうして、毎月自然と携帯電話の料金を支払う中で、利用明細を毎回見ることも少なくなります。支払い金額が大きいときは通話をし過ぎたと感じ、翌月は極力通話をしないように心がけるものですが、こうした点以外においてプラン内容に注目したいところです。携帯電話はメーカーも含めてかなり色々なプランが用意されています。自分がどのような携帯電話の使い方をしているのか、これを一度見直してプラン変更を考慮してみると良いです。意外と無駄な出費になっていることがあるので、それほど携帯電話を利用しないのであれば、最も料金が安いプランに変更することで、毎月の出費を抑えることが出来ます。しかも、現代ではスマートフォンを持っている人は多く、スマートフォンであれば無料通話を利用することも多いので、使い方次第では毎月の出費をかなり抑えることが出来ます。

貯金をするときに毎月の固定支出を見直すことは大切です。色々と支出を見ると、無駄に支払いをしているものがあります。例えば、クレジットカードでは年会費が必要なタイプがありますが、そのクレジットカードを利用していないのであれば、年会費が無料のクレジットカードに変更することで、支出を抑えることができます。また、携帯電話のプランなどを見ますと、自分の携帯電話の使い方によっては他のプランに変更する方が支出を抑えることができることは多いです。このように色々と支出を見直していくと、年間としてかなり出費を抑えることが出来ます。支出が低くなることで、貯金のスピードを上げることができるので、一度全ての支出を見直してみると良いです。人によって固定の支出は本当に色々とあり、電気代や高熱費などは利用次第で抑えることができます。節約方法などを調べて、効果的に節約することができると、それだけ貯金のスピードは早くなります。貯金をするときはどのようにしてお金を貯めるか、この点に注目することが多いですが、それと同時に現在の支出をしっかりと見直すことでも、貯金の早さが変わってくることを覚えておき、無駄な出費をしっかりと減らしていきたいものです。